簡単に暮らせ

ちゃくまのブログ。女性ミニマリスト。合理的な家事、少ない服で暮らす、家計管理、お金、捨て作業のコツ。好きなことをして生きる暮らしの追及

5年間同じスニーカーを入れ替えながら履き続けています



こんにちは ちゃくまです。このブログは暮らしに関することをつづっています。

・ミニマリスト的な暮らし方

・家事を簡単にする工夫

・お金に関する管理方法(筆者はFPです)

・世間に惑わされない生き方

・・など。お役に立てたらうれしいです。ツイッターも発信しています。

はじめに

今回は、「約5年の間、同じスニーカーを履いています」という話をします。

もくじ

生活の100%がスニーカー

現在、100%スニーカーを履いています。そのうち少し前までは多少、スニーカージプシーをしていました。数種類のスニーカーを履き分けていました。

けれども最近はあきらめと覚悟を決めました。1足だけに決めました。それは100%満足しているわけではありませんが、

「現在はこれが最善の選択」

ということです。

足に合う靴がない

足の形にクセがあるようで、なかなか合うものがないばかりか、どうやら足のワイズが細いようなのです。

ところが最近は「大は小を兼ねる」とばかりにワイズの大きいものが目立ちます。その場合、指先にゆとりは出ますが、足が靴の中で動いて結局爪等を痛めるんです。

足底のクッション性は大事

そのほか、足底のクッション性も大事です。今履いているスニーカーはクッション性がとても良いのです。

もちろん少し前にも、形はまあまあ気に入っているけれど、クッション性が今一つのものには、3千円くらいするインナーソールを入れたりもしてみました。

それでもやはりダメで、何が一番良いのか途方にくれました。結果として現在は、ここ5年の間、クッション性がよく、ぎりぎり私の足にも合う同じスニーカーを履いています。

いつまで販売されるかわからない

ただしこのスニーカーも、いつまで販売されるかわからないのが怖い点です。

というわけで、一足がダメになったらすぐに予備のものを通販で買っておきます。実は最近も新しい方に入れ替えたので、追加で新しい予備を買っておきました。

これで向こう1年くらいは何とかなる予定です。

さいごに

靴類はダイレクトに体調とフットワークに影響します。できるだけ早いうちから自分の足に合う履物を最適化することがよいかと思います。