簡単に暮らせ

ちゃくまのブログ。女性ミニマリスト。合理的な家事、少ない服で暮らす、家計管理、お金、捨て作業のコツ。好きなことをして生きる暮らしの追及

提出物は○○が一番ラクです。



こんにちは ちゃくまです。このブログは暮らしに関することをつづっています。

・ミニマリスト的な暮らし方

・家事を簡単にする工夫

・お金に関する管理方法(筆者はFPです)

・世間に惑わされない生き方

・・など。お役に立てたらうれしいです。ツイッターも発信しています。

f:id:chakuma2017:20210801105725p:plain

はじめに

期限のある提出物って、大人になってもけっこうありませんか。さらに、期限付きの提出物って嫌いじゃありませんか。

でも今回お話しする方法を取り入れれば、ラクに素早く結果を出すことができますよ。

なぜ、期限がある提出物が嫌いなのか

そもそも、どうして期限がある提出物が嫌いなんでしょうね。理由は意外に簡単なんです。

何らかの決断をしないといけないからです。例えば、日程とか出席の有無などがありますね。

さらには提出するまで、そのことを覚えていないといけないからです。

手帳に書いたりスマホのリマインダーに登録したとしても、です。

 

それでは結論を言います。提出物は、即日が一番楽です。次は翌日です。

日が経つほどに、難易度が上がります。

なぜ、即日が一番ラクなのか

なぜ、即日が一番楽かというと、もうそのことを覚えておく必要がないからです。

さらに出席の有無や、日程も提出しているので、そのことを考えなくて良いです。

もっとも、即日とか翌日なんて言うと、こう思うかもしれません。

「もう少し、じっくり考えたい。」

でも、じっくり考えたところで、出した答えは、たいして差がないことがほとんどなんです。

だったら、今すぐ答えを出してスッキリしたほうが、ラクです。

何せもう、そのことを考えなくて良いのですから。

一方でいつまでも提出物を、保留にしたとします。この場合は提出するまで、そのことを考えることになります。

それが無意識レベルでも、脳のキャパを消費します。即日が無理でも、翌日には提出してしまいましょう。

それが結局は一番ラクで簡単ですよ。

 さいごにご紹介

こちらの本の文庫版では40項目目に、今回紹介した内容が含まれています。日常のささいな「簡単に暮らすコツ」をぜひ参考にしていただけたら嬉しいです。

この本は、おかげさまで9回の増刷がされ、台湾でも翻訳出版されました。さらに好評につき、昨年秋に文庫化され、こちらも重版しました。(出版会社はフランス人は10着しか服を持たないの大和書房さんです。)

こちらは、ちゃくまの2冊目の著書です。こちらもおかげさまで5回の増刷がされました。

 暑い夏ですが、家籠りを活用して、暮らしを見直すヒントにしていただけたら嬉しく思います。