簡単に暮らせ

ちゃくまのブログ。女性ミニマリスト。合理的な家事、少ない服で暮らす、家計管理、お金、捨て作業のコツ。好きなことをして生きる暮らしの追及

最適な帽子のツバの選び方



こんにちは ちゃくまです。このブログは暮らしに関することをつづっています。

・ミニマリスト的な暮らし方

・家事を簡単にする工夫

・お金に関する管理方法(筆者はFPです)

・世間に惑わされない生き方

・・など。お役に立てたらうれしいです。ツイッターも発信しています。

f:id:chakuma2017:20210604155634p:plain


はじめに

今回は、最適な帽子のつばの長さの選び方についてお話します。

もくじ

最適な帽子のつばの長さ

 日差しが強くなり帽子を買おうとしている方も多いと思います。そこで今回は帽子を買うときに「つばの長さ」について「どんな長さを選べばよいか」についてお話します。

結論を言うと、帽子を外で被るのに最適なのは、つばの長さが8センチ前後のものです。

なぜ8センチなのか

20年くらいウォーキングの習慣があります。かつては低山にハイキングにも行っていました。ですので実用的な意味での帽子は数多く試してきました。一方で同じくらい失敗の買い物もしました。それはいまだに失敗はあります。

けれども「8センチ前後」というツバの長さの条件は変わらず固定しています。

このくらいの長さであれば、適度に顔に日陰を作りながら、顔を覆いすぎて前が見えなくなることがないんです。

帽子のツバが長くて大変な思いをした

f:id:chakuma2017:20210604155704p:plain

一方で紫外線除けを意識して、つばがこれより長いものを選ぶと本当に大変です。

ツバが顔を覆って前が見えないので危ないのです。それだけじゃありません。ツバが長い分、風にあおられやすいのです。つまり紐か何かで風対策をしないと、帽子を追いかけるはめになります。

また、つばが長い帽子はバッグに入れてもかさばるんですね。というわけで最適なのは8センチ前後だというわけです。

さいごに

帽子を買うときってお店の中です。だから風が吹いていないしつい、ファッション性だけで選んでしまいます。でも帽子は外でかぶるものです。

当然ながら外は風が吹いているし歩かなくちゃいけません。帽子はデザインだけで選ぶと失敗しますので注意しましょう。

帽子選びの参考になればうれしいです。