簡単に暮らせ

ちゃくまのブログ。女性ミニマリスト。合理的な家事、少ない服で暮らす、家計管理、お金、捨て作業のコツ。好きな事をして生きる暮らしの追及

「洋服買い」を止めたいときは、○○だと思えばやめられます。



こんにちは ちゃくまです。このブログは暮らしに関することをつづっています。

・ミニマリスト的な暮らし方 ・家事を簡単にする工夫 ・お金に関する管理方法(筆者はFPです) ・世間に惑わされない生き方 ・・など。お役に立てたらうれしいです。

洋服をつい買いすぎてしまうお悩みをお持ちの場合、簡単にストップできる方法を紹介します。


方法は簡単なのですが、

「洋服」

と思わずに

「布」

の視点を持ちましょう。


洋服だと思うから、何かすごい価値のある物に見えます。結果として、値段が高いものでも

「これはブランド品だから当然」

とか、

「自分には必要」

という視点が生きてきます。

 

ところが同じの服でも

「しょせんは布」

と思うと、まったく洋服の見え方が変わってきます。


例えばクローゼットに下がっている洋服を

「洋服」

という視点で眺めるのと

「布」

の視点で眺めるのとでは感覚がまるで違ってきます。

 

このことに気づいたのは少し前のある出来事です。それは季節の変わり目に必要な家族の洋服を通販でまとめて買った時の事です。

買ったものは、下着とか靴下とかパジャマのような実用衣類だったのですが、合計で3~4万円位になりました。

その金額に驚いたのですが、なんだかんだで毎年季節の変わり目の実用衣類はそのくらいか場合によってはそれ以上の支出があります。

ところが購入したその服のかたまりを、洗濯するために、一か所にぐしゃぐしゃと置いていた時の事です。

その瞬間に、

「服」

ではなく、

「ただの布の塊」

と見えました。

 

それでそのくしゃくしゃの布の塊に、3~4万円のお金を出して買ったことに、ぼうぜんとしたのです。

別にぜいたくをしているわけじゃない。季節の変わり目の実用衣類ばかりで、買い替えが必要だったものです。

 

それでも、古くなった服は穴が開いたわけでもなく、なんとなく着古して気分が乗らないという理由で買い替えていました。

それは洋服の視点があるから、それだけのお金を出す必要性を感じていたわけです。ところが「布」の視点を持つと、途端に単なる無駄遣いのような気がしてきました。

 

あらためてみれば、クローゼットに下がっている洋服もしょせんは全て布なのです。もちろんただの布とはいっても、一つ一つは機能性を持たせるために多数の人の手がかかっています。

そうした努力があるのは認めるにしても、実はただの布であることには変わりありません。


流行りのパンケーキも、人気カフェのパンも、有名なケーキ屋さんのケーキも、実態はほとんどが小麦粉に過ぎないことと大差ありません。

こういうことを言ってしまうと、夢がないし身もふたもないような感じがする人もいるでしょう。もちろん時には気分を変えるためにそういうものを取り入れるのもありです。

けれども心の中で


「しょせんは〇〇」


 と唱えてみると、それが本当のところはどういう価値があるのかが見えてきます。

それが分かっても必要なものかどうか。それでも必要なのであれば手に入れればいいし、もしかしたら

「あれ?別にいいかな。」

となることもあるでしょう。