簡単に暮らせ

ちゃくまのブログ。女性ミニマリスト。合理的な家事、少ない服で暮らす、家計管理、お金、捨て作業のコツ。好きなことをして生きる暮らしの追及

カフェのお得度が上がるタイミングと利用のコツ



こんにちは ちゃくまです。このブログは暮らしに関することをつづっています。

・ミニマリスト的な暮らし方

・家事を簡単にする工夫

・お金に関する管理方法(筆者はFPです)

・世間に惑わされない生き方

・・など。お役に立てたらうれしいです。ツイッターも発信しています。

f:id:chakuma2017:20211121102150j:plain

はじめに

お金のかからない、ささやかな楽しみ。

その一つが、散歩中に立ち寄るカフェめぐりです。

お得度を上げるコツはモーニング

モーニングメニューとは

特に好きでお得度が高いのは、モーニングを兼ねることです。

今は、ほとんどのカフェでモーニングメニューがあります。

 

ちなみにモーニングメニューとは、基本の飲み物を頼めば、追加料金なしで

  • トースト

などがサービスで付いてくるもの、です。

 

例えば、ブレンドコーヒーが500円だとします。それがモーニング時間であれば、追加料金なしでトースト、ゆで卵などがついてきます。それでも「価格はコーヒー代の500円だけ」という価格なんです。

もともとは名古屋発の風習だったようですが、今はチェーン店なら、ほとんどのカフェでモーニングメニューが実施されています。チェーン店以外も首都圏のカフェは、かなりの店で実施しています。

モーニングの実施時間

モーニングの時間は店によりますが、だいたいは

開店~11時くらい

に設定されていることが多いようです。

 

まれに12時までモーニングOKというお店もあります。

 

うれしいのは、休日でも実施されていることです。

それに対してランチメニューは平日のみで休日はされていないことが多いのです。

カフェのモーニングを利用するメリット

私は休日、朝早めに家を出て、ちょっと電車に乗って散歩することが多いんです。

朝早くなら、電車も街も空いていて都心でも空気が澄んですがすがしい。

 

人がレジャーや買い物で繰り出す前に、帰宅します。

そうするとメリットがたくさんあるんです。

  • カフェのモーニングがリーズナブル
  • 店も街も空いている
  • 車があまり走っていないから空気がきれい
  • 夏は涼しい

日中や平日は混雑するカフェも、休日の朝は、どこも余裕があります。だから気になっていた人気カフェも、休日のモーニング狙いで訪問すればメリットが多いんです。

コメダ珈琲の事例

ゆで卵ペーストがいい

例えばコメダ珈琲は、ちょくちょく立ち寄るカフェです。

以前はゆで卵のセットが定番でしたが、今はゆで卵ペーストを注文しています。

 

理由は、ゆで卵は殻をむくのが面倒だから・・。

飲み物はたいたいいつも、アメリカンを頼んでいます。

カフェインレスコーヒーもあります。

一人で行ってもボックス席を選べる

コメダ珈琲のうれしい点は、一人で行ってもボックス席を選べることです。

(もしかすると、店によるかもしれません)

店員さんの接客が心地よい

また、コメダ珈琲の店員さんは、声の出し方、話し方が絶妙でちょうどよくて落ち着きます。

明るい雰囲気ですが、ハイテンションすぎないからちょうどいいんです。スタバのフレンドリーな接客も素敵ですが、私はコメダ珈琲の落ち着きのある接客が好みです。

さらに、セルフじゃないのも良いです。

ただし、珍しい点として、チェーン店ですが店によって価格設定が違います。(各10~50円前後)

ノマド利用はしない

ちなみにですが、私はカフェでPC作業などの、いわゆるノマド利用はしていません。理由は単純なことで、散歩の途中に休憩代わりに立ち寄るからです。

散歩はできるだけ身軽にしたいので、荷物は軽量を意識しています。同時にPCの持ち歩きは今の私には健康的な面で無理なのです。(重いものを持ち歩けない)

「じゃあ、タブレットやスマホは?」

と思うでしょうが、小さい画面を長時間、見ていると具合が悪くなるのでもっと無理なのです。

文庫本や電子書籍リーダーを持ち歩いていた時期がありますが、今はそれもなしにしています。

カフェに行ったら、ひたすらゆっくりして、目と頭を使わないようにしています。時期が来れば、また変わるかもしれませんが、現在はこんな感じの利用です。

さいごに

カフェは少ない予算で気軽に気分転換できる場所です。

さらにモーニングを利用すれば、お得度がアップします。

 

カフェ巡りなども、散歩を兼ねて間やゴールに組み込むと休憩にちょうど良いです。

手軽な気分転換代わりにカフェのモーニングを活用してみませんか?

 

日常の、気軽な気分転換の参考になればうれしいです。