簡単に暮らせ

ちゃくまのブログ。女性ミニマリスト。合理的な家事、少ない服で暮らす、家計管理、お金、捨て作業のコツ。好きなことをして生きる暮らしの追及

シンプルに生きるために心がけていること



こんにちは ちゃくまです。このブログは暮らしに関することをつづっています。

・ミニマリスト的な暮らし方

・家事を簡単にする工夫

・お金に関する管理方法(筆者はFPです)

・世間に惑わされない生き方

・・など。お役に立てたらうれしいです。ツイッターも発信しています。

はじめに

今回は、シンプルに生きるために心がけていることを紹介します。

もくじ

なぜ、シンプルに生きようとするのか

そもそもですが、シンプルに生きるってどう生きることなのでしょう。そして、なぜシンプルに生きようとするのでしょうか。

私の場合ですが、かつてはシンプルに生きていなかったと思います。その代表は、ごちゃごちゃと同じことをグルグル考えて抜け出せなくなる悪いクセです。

何かの気がかりがあると、気が付けばその気がかりが頭から抜けない。それでも、その無意味さに気づかなかったのは、その方法があることにすら気づいていなかったからなのです。

何よりシンプルでない生き方は、自分が苦しい。そして自分じゃなくて他人にどう思われるかを基準にして生きていました。

シンプルに生き始めたきっかけ

そんな私ですが、シンプルな生き方のスタートを切ったきっかけがあります。それは、物理的な環境を先にシンプル化していったことです。

子育て中のストレスもあり、気が付けば物が増えてしまった私は、あるとき「ものを減らす」概念を知りました。

それから物を減らし始めました。その最中に家を建てましたが、2年後に夫に転勤の辞令が出ました。

シンプルに暮らす渦中で悟ったのは、大事なのは物ではなく、そこで生きる人間であるということです。

それで私は、新築したばかりの家を離れて再び賃貸生活に入りました。

子育て時代に増えたアウトドア用品を見直す

不思議なもので、物理的にシンプルになると、心もシンプルになると気づきました。例えばですが、子育て時代の当時、家族でアウトドアにはまったことがあります。

アウトドアレジャーは意外に、相当に物が増えます。それである時は、車のトランクだけでは足りずに屋根に乗せるタイプのケースを買うことを検討し始めました。

でも、「なにかおかしい」と気づいたのです。よく考えればアウトドアは不便を楽しむレジャーです。なのに物が減るどころかどんどん増えていく。

それは「あれもあれば便利」と、周囲の人のアウトドア用品を見て自分も欲しくなってしまうわけです。

以後、アウトドア用のテーブルも椅子も、バーベキューセットも全部手放しました。その代わり持参したのは、レジャーシートとカセットコンロです。テーブルはごく小さなロータイプ一つと、椅子は100均で売っている小さなものに変えました。

結果として、帰りの後始末が楽になったし、車のトランクもパンパンでしたが、スカスカになりました。

「これで 良かったんだ」

ようやくその時、本当のアウトドアレジャーを始めた気がしました。

すぐに物で解決しようとしない

そうした経験で感じたのは、事の解決を物で解決しようとしないことです。

もちろん、物が必要なことは多々あります。ですが何かを満たす解決方法が必ずしも物にはないことがよくあるのです。

例えばダイエットを考えている人がいたとします。この場合、基本的な解決方法は、食事と運動の見直しです。ところが物で解決することが習慣になっていると、すぐにダイエット食品を探したり健康器具を探したりします。結果として買い物が必要なこともありますが、それがスタートではないんですね。

なかなか部屋が片付かないと悩んでいる人が、収納用品や家具を買い替えて解決しようとするのも同じです。片付けで必要なのはまずいらないものを家から出して手放すことです。

このように、物で解決する習慣をやめると根本的な解決が見えやすくなります。

さいごに

今回は、シンプルに生きるために心がけていることを紹介しました。参考になればうれしいです。