簡単に暮らせ

ちゃくまのブログ。女性ミニマリスト。合理的な家事、少ない服で暮らす、家計管理、お金、捨て作業のコツ。好きなことをして生きる暮らしの追及

子供の学習机を買うか買わないか迷った時の選択例



こんにちは ちゃくまです。このブログは暮らしに関することをつづっています。

・ミニマリスト的な暮らし方

・家事を簡単にする工夫

・お金に関する管理方法(筆者はFPです)

・世間に惑わされない生き方

・・など。お役に立てたらうれしいです。ツイッターも発信しています。

f:id:chakuma2017:20210420085739p:plain

はじめに

今回は、お子さんの学習机を買うか買わないか迷った時の選択方法を紹介します。子育てが終わった50代女性の体験と現在の思いからの視点をお話しします。参考になればさいわいです。

 なぜ学習机を買うか買わないかを迷うのか

なぜ学習机を買うかどうかを迷うのでしょうか。理由はいろいろあると思いますが、以下の事例が考えられます。

①スペースの問題

単純に住まいに机を置くスペースがない場合です。一般的な学習机は大きいので部屋が狭くなってしまうケースです。

 

②義父母と親の意見の食い違いがある

義父母が机を買ってあげようとして、机の選び方その他意見の食い違いがありまとまらないケースです。

③親が必要性を感じない

小さいうちは特に、学習机ではなくリビングのテーブルで十分だと考えるケースです。

または、学習机ではなく、その他の小さなテーブルなどが適しているなどと考えるケースです。

④子供がいらないと言った

子供が机に興味がなかったり、本人が「いらない」と言ったケースです。

⑤気に入る学習机が見つからない

これと思う机が見当たらず「ゆっくり探せばいい」と購入を伸ばしているうちに時間が経過するケースです。

理想を追いすぎた 

実は上記①~⑤のうち、①③⑤は我が家の事例でもありました。 

また、理想的な机が見つからなかったことも要因です。でも今にして思えばたかが机に理想を追いすぎたと思います。

材質、デザイン、機能性、サイズ、オーダーをするにしても、選択肢がありすぎて結局決断しませんでした。

「学習机は迷うなら買ったほうが良い」と思う理由

息子が子供時代を経過した今、思うのは「学習机を買う意思があるのなら、さっさと定番でいいから買った方が良い」ということです。

理由はいくつかあります。

学習机のことをいつまでも考えてしまう

f:id:chakuma2017:20210420085949p:plain

学習机を買わないうちは何かあるたびに学習机のことが脳裏をかすめます。無意識レベルなのですが、これは判断のエネルギーを消費します。

私はずっと机を買うかどうか迷い、そのたびにエネルギーを消費していることに、当時は気づきませんでした。

子供の友達の反応がめんどう

子供は正直なので悪気なく思ったことを口にします。

学習机があるのが普通なので、子供部屋に机がないと「どうして?」と無邪気に尋ねる子もいます。

そういう反応に、いちいち対応するのも正直疲れます。

親の考えがあり、周囲の普通に流されないことは必要です。けれども子供は単純なので、そこまで考えが及びません。

だから自分の価値観で物事を判断します。そういうときに我が子が余計な対応を迫られることがあります。

それも「世を生き抜く前段階」ととるかどうかではありますが。

小1前に机を買えばトータルのコストが安い

f:id:chakuma2017:20210420090053p:plain

我が家の場合は、机を買おうとした矢先に、夫の転勤で、新築戸建てから一時しのぎのつもりで賃貸に越しました。

結果、スペースの問題がメインとしてあり、再度の引っ越しでようやくスペースに余裕ができたとき、ようやく机を買いました。

ところがこの年齢って(小六)、机を買うには実に半端な年齢なんです。

今更「ピカピカの一年生」的な学習机を買う気分にはなれず、かといって大人用の机ではこれといったものがなく、結局奥行きが浅いシンプルな木製机といすを買いました。

けれども改めて一年生時に買うような机を見ると、今どきの机は割とシンプルで、大学生まで使うことが想定されています。

ですからどうせ買うことになるなら、素直に小1入学直前に買ったほうがよかった、スペースは机を優先して、他は何とかすればよかったと思います。

さいごに

もちろん、学習机を買わない理由と意思がはっきりしているなら、そちらを優先してください。

けれども当時の我が家のように「買うか買わないか」をずっと迷ったような事例であれば、買うことをおすすめします。

ミニマリスト的な概念でブログを書いていると「人の価値観に影響されることはない」という結果が自然かもしれません。

けれども現実はそうでもないこともあり、例外はつきものです。こういうとき、かたくなに「ものを持たない」ことを貫く必要はありません。

特に親はミニマリストでも、子供は普通の一般的な価値観で長い時間を過ごします。だったら、そういう周りの価値観に無理なく合わせるのも選択のありようです。