簡単に暮らせ

ちゃくまのブログ。女性ミニマリスト。合理的な家事、少ない服で暮らす、家計管理、お金、捨て作業のコツ。好きなことをして生きる暮らしの追及

「身体に良い」を意識した簡単な朝ごはんポイント3つ



こんにちは ちゃくまです。このブログは暮らしに関することをつづっています。

・ミニマリスト的な暮らし方

・家事を簡単にする工夫

・お金に関する管理方法(筆者はFPです)

・世間に惑わされない生き方

・・など。お役に立てたらうれしいです。ツイッターも発信しています。

朝ごはんは、以下3つを意識しています。

  • 身体に良い(血液サラサラ効果)
  • 和食
  • 手間をかけない

また、現在は「やせる」は意識しませんが、特に太ることはありません。5年くらいはほぼ横ばいの体系です。

むしろ最近は、ちょっと痩せ気味な気がするので、意識して食べる量を増やしています。

f:id:chakuma2017:20211002165254j:plain

身体に良い(血液サラサラ効果)を意識して

このような食事をするのは、血液サラサラ効果を特に意識してのことです。血液がさらさらならば、脳卒中などの血管系疾患を予防できます。

というか、私は数年前に脳出血を経験しています。ですのでいっそう、注意を払っています。

  • 生の玉ねぎスライスに、リンゴ酢をかけたものをサラダなどにトッピングしています。
  • あおさ、わかめ、めかぶなど海藻類を食べています。
  • 味噌汁で体を温め、適度な塩分と(寝ている間に汗をかいているので)乳酸菌を取り入れます。
  • ごはんは白米に、発芽玄米をブレンドすることが多いです。
  • 新鮮な生野菜を多めに取り入れています。
  • めかぶなどのネバネバ食品を取り入れることを意識しています。
  • この日は生卵でしたが、温泉卵を食べることが多いです。
  • 卵は一日一個以下にするようにしています。
  • このほか、鯖缶を食べることもあります。
  • サラダにはアマニ油などをかけています。
  • アマニ油以外はエクストラバージンオリーブオイルを使っています。

 

和食にする理由

時々朝に洋食を食べたいと思いますが、昼食で摂るようにしています。

和食は、血液サラサラ効果に良い影響があるものが多いので、朝のうちに食べることにしています。

手間をかけない

手間をかけると続きませんし、和食は出すだけおかずが多いので意外と簡単です。

サラダの具は、材料を切るときに多めにまとめて下処理します。たっぱに入れてリンゴ酢をかけておくと日持ちします。

この手の食事をした結果

実は一年前~半年前くらいにかけて、食生活を油断しました。結果、半年に一回検査している血液検査で、これまだほぼパーフェクトだった結果が、軒並みダウンしました。

どんな油断をしたかというと、市販のソーセージ、ハム、チーズなどの乳製品を頻繁に食べました。

まさか、こんなに血液検査に現れるとは思わず、慌てて即、改善というか、元に食事に戻しました。その結果、先日血液検査をしたところ、元のように再びほぼパーフェクトな結果がでました。

やっぱり体は正直です。食べたものが数値でも現れます。ソーセージやハム、乳製品は見栄えが良いし、おいしいし食事つくりも簡単です。でもそれで調子が悪くなったら元も子もありません。

もちろん、外食の必要に迫られたときは食べますが、自宅ではチーズは一週間に2切れくらいは食べるけれど、ソーセージ、ハムはほぼ食べません。

それ以外で手間をかけずにたんぱく質摂取することも意識しています。同時に、炭水化物のご飯を食べる量を1.5倍くらいに増やしました。

さいごに

「身体に良い食事」は無駄に太らない食事だともいえると思っています。実際に特に意識しなくても無駄に太ることがありません。

7~8年前以前位は、「食べても食べてもすぐにお腹が空く感じ」で太りやすくなった時期がありました。今にして思えば、それはたっぷりの野菜とタンパク質と適度な糖質のバランスが良くなかったのだと思います。

必要な栄養が足りないと体が「お腹が空いている」と感じてしまっていたようです。不足しやすいのは、たんぱく質です。ほかは新鮮な野菜と果物です。それ以外は意識しなくても口に入ります。ただ、最近は糖質を悪者扱いする傾向があるけれど、適度にご飯(米)を食べることは必要だと感じます。

米ばっかり・・は確かに考え物だけど、米を使った食品は、添加物が少ないので、考えなくても余計なものが体に入りにくいですね。

これからも「身体に良い食事」を意識して食べていこうと思います。