簡単に暮らせ

ちゃくまのブログ。50代女性ミニマリスト。合理的な家事、少ない服で暮らす、家計管理、お金、捨て作業のコツ。好きなことをして生きる暮らしの追及

知らないと損・イデコ(iDeCo)2,022年金制度改正で変わること



こんにちは ちゃくまです。

f:id:chakuma2017:20210513194352p:plain

はじめに

今回は、知らないと損するイデコ(iDeCo)の法改正で「企業型DC加入者のiDeCo加入の要件緩和(2022年10月開始)についてのお話をします。2022年の法改正で年金の内容がいろいろ変わります。

自分や夫がこれまで企業型DC加入者の場合に、特に注目しておきたい改正内容です。

もくじ

「イデコに加入できなかった企業型DC加入者」も原則加入可能になる

f:id:chakuma2017:20210513194452p:plain

これまで、企業型DC加入者は企業が認めない場合、イデコに加入できませんでした。ところが改正後は原則加入可能になります。ただし加入金額は上限があります。

改正後のイデコ加入金額上限

企業型DCのみの場合・・①企業型DCの事業主掛け金55,000円以内+②イデコの掛け金20,000円以内=55,000円以内 

これまで、企業型DC加入の人で企業が個人型に認めていない場合イデコ加入ができませんでした。ところが法改正で、上限額以下であれば、ほとんどの人がイデコに加入できるようになります。

「イデコに加入できる年齢引き上げ」で加入の枠が増える

これまでイデコは60歳未満でないと加入できませんでした。ところが改正後(2022年4月)は65歳未満に引き上げられます。

受給開始年齢は、現在は60歳から70歳でしたが、改正後は60歳から75歳に引き上げられます。 

これまで年齢の枠がありイデコに加入できなかった人も、改正後はイデコを加入の枠が広がります。

法改正イデコ加入の注意点

法改正でこれまでイデコに加入できなかった人も加入できるようになります。

けれども、注意しなければならないことがあります。それはイデコのメリットは節税効果だということを忘れないことです。

それが活かせなければ、イデコ加入は10年間お金を引き出せないなどのデメリットが前面に出てしまいます。

50代~の人は、60歳以後の収入見込みをよく考えて

特に50代以降の人は、60歳以降の収入がどうなるか、どのように働く予定かをよく考えておく必要があります。なぜならイデコのメリットは節税効果なので、収入によってはメリットにならないことがあるからです。

例えば現在、54歳の人が55歳にイデコの加入枠を使い、運用を開始したとします。この時点では給与があるので、イデコの節税効果が活かせます。ところが60歳で定年退職をしたとします。

60歳からは収入が減って節税効果が低くなることもあります。このようなことを総合的に考えて判断する必要があります。

さいごに

今回は数ある年金関連の改正のうち、イデコに関する話をしました。改正でイデコに加入できる人の条件の枠が広がりますが、そもそもイデコとは何かを知らずに加入すると、ときにデメリットが前面に出てしまうことがあります。内容を理解して判断するようにしたいですね。