簡単に暮らせ

ちゃくまのブログ。女性ミニマリスト。FP。合理的な家事、家計管理、少ない服で暮らす、お金、節約、捨て作業のコツ。好きな事をして生きる。

買うと貧乏になるもの(10選)を知って、貯められ体質に変わる



当ブログ「簡単に暮らせ」に訪問いただき、ありがとうございます。

こんにちは ちゃくまです。このブログは暮らしに関することをつづっています。

・ミニマリスト的な暮らし方 ・家事を簡単にする工夫 ・お金に関する管理方法(筆者はファイナンシャルプランナーです) ・世間に惑わされない生き方 ・・など。お役に立てたらうれしいです。

はじめに

今回は、「買うと貧乏になるもの10選」についてお話します。

※この記事は、ユーチューブ版があります。


www.youtube.com

何気ない買い物が貧乏をまねく

貧乏になりたい人は、ほとんどいませんよね。ましてや貧乏になる行動を自分から進んでやろうとは思わないはずです。

ところが実際には、

「お金が足りない。」

と不安を抱く人が多数です。それはもちろん、自分のせいではない状況もあるのでしょう。

でも、反面は自分が率先して「貧乏への道」を突き進んでいることがあるとしたら、どうでしょうか。

それは「貧乏になるもの」を自分が買えばそうなります。それでは何がそういったものなのか、次から説明します。

ただしこれらは、条件付きです。例外もあります。タイトルの項目が絶対的に良くない買い物であるわけではありません。

買うと貧乏になるもの10選・1 iPhone最新端末

iPhone自体、オーバースペックです。それでも安いのならセーフですが、高すぎます。最新機種は15万前後です。これらを使わなくてはいけない必然性を1分で説明できますか?

iPhoneを使うにしても、モバイルスイカが使えるiphone7以上でさえあれば生活に変わりはありません。

写真はきれいに撮れるし、動画撮影もできます。アップルウォッチも使えるし、何ら問題はありません。

サポート終了が近い機種は、少しランクを上げてもいいですが、スマホはアンドロイドでも十分なくらいです。

※例外は、iPhoneをビジネスで使い経費で落とす場合など、必要性を1分で説明できるならこの限りではありません。

買うと貧乏になるもの10選・2 キャリアスマホ通信契約

スマホは誰もが使っていますが、その通信契約状況は見えません。だから何も知らないでキャリアで契約する人と、格安SIMで契約する人とでは、スマホ通信費にかかるお金が全く違います。

キャリアと格安SIMでは料金が3倍前後違います。基本的に継続して使うものですから費用の差は大きくなります。

※例外は高齢者などで、自分で設定ができない場合のキャリア利用はこの限りではありません。

買うと貧乏になるもの10選・3 ユニクロ期間限定価格の服

ユニクロの服は素晴らしいです。高品質、デザインもトレンドを反映しています。それでお手頃価格です。

ところが毎週、期間限定価格をチェックすると買いすぎてしまいます。買おうとしたときに偶然、限定価格だったならまだしも、

「限定価格だから買おう」

では服が増えます。服は見ると欲しくなるのでシーズン初めに定価で必要数を買い後はセールを見ないほうが買い物総額は減ります。

※例外は「買おうとしたときに偶然限定価格だった」場合です。

買うと貧乏になるもの10選・4 無印良品週間での買い物

無印良品は、、シンプル、高品質、お手頃価格、です。無印良品週間というセールでは、年に数回期間限定価格で10%引きです。

一見お得ですが、このセール時期に買おうとすると

  • 品切れ
  • セールにあおられ
  • 買いすぎる

ということがおきます。無印良品は全体的に在庫数が控えめです。そのためセールを待っていると必要なものを買えないことがあります。在庫切れです。

そこで本当に必要なものはセール前に買います。そのほうが平常心で買えるので、全体支出は減ります。

※必要なタイミングとセールが合えば、この限りではありません。

買うと貧乏になるもの10選・5 楽天お買い物マラソンでの買い物

楽天マラソンは年に数回開催されています。楽天マラソンは購入店舗数が増えるほど付与ポイント割合が増える仕組みです。

けれども無理に購入店舗数を増やすより、

「毎月5と0のつく日は楽天カード利用でポイント4倍」

などを利用するほうが簡単で、得なこともあります。

マラソンでは、生活に必要な消耗品を賢く買う方は多いようです。ただ、厳密に価格を調べると近所のドラッグストアや、アマゾンのほうが安いことがあります。

また、楽天マラソンで得るポイントは使える期間が限られる期間限定ポイントです。この間に利用しないとポイントは消滅します。

つまり一見お得に見えるポイントですが、焦りを生み使う期間が限定されることを考慮するとかえって無駄な買い物を増やす場合があります。また利用者本人は賢く買い物したと思うケースが多いので注意が必要です。

※例外は楽天マラソン時に、ふるさと納税をする場合です。ただしこの場合も得るポイントは期間限定なので注意が必要です。

買うと貧乏になるもの10選・6 アマゾンブラック〇デーでの買い物

アマゾンのセールは頻度が少ないため、開催されると注目を浴びます。けれども消耗品を買うにしても大容量の洗剤やシャンプーなど、たくさん買う必要があります。

また本来定価では買う気がなかった小型家電も「この時期に買わないと損かもしれない」という気になり、つい買ってしまうということが起きます。

確かにちょうど必要なタイミングと合えばよいのですが、大体は買いすぎの傾向があります。

大容量の洗剤は重いものを小さいボトルに神経を使って注ぎ、うっかりこぼしたりと手間が必要です。

※必要なタイミングとセールが合えば、この限りではありません。

買うと貧乏になるもの10選・7 国内旅行

確かに旅行は気分転換に最適です。それ自体否定するものではありません。問題はその内容です。

観光地の多くは食べ物も土産品も観光客価格です。まあ、これは人の多さを効率的にさばく苦肉の策の一面があるし(人気の飲食店も高価格設定することで、入店客を制限する流れになる)、それで利益を得ないといけないから已むをえません。

けれども旅行はその滞在先そのものよりも、移動にお金の比重が多くかかります。

そこで発想の転換をしてはどうでしょうか。一定の観光地や、有名な都市に行くことを最優先しないスタイルです。

代わりに、移動そのものを楽しむ方法です。国内旅行は移動にお金がかかります。代わりに移動をメインの旅にするのです。

例えば、年に数回販売されるJRの青春18きっぷの旅はどうでしょうか。普通列車普通車自由席用の切符で、期間中に1券5回(人)まで利用できます。1回(人)分で乗車日当日に限り有効です。

12,050円ですが、一日2410円分でJR普通列車を乗り放題できます。

※例外として、計画と予算建てをするなら、この限りではありません。

買うと貧乏になるもの10選・8 過剰な生命保険

「過剰な生命保険」は不要です。もちろん、子供が社会人になるまで、十分な貯蓄を確保するまで、など、社会保険から補填される分を考慮して最低限の保険に入るのは許容範囲です。

家をローンで買った場合団体信用保険に入るでしょうから、生命保険はこの金額も考慮して入りすぎには注意しましょう。

一度入ると気分的に解約できなくなります。

「解約した途端に・・」

とかありそうでコワい、と考えてしまうからです。日本は社会保険が充実しています。加入するにしても、補助目的程度にシンプルな契約にしましょう。

※経済状況、家庭の状況により必要な場合はそれに合わせて選択しましょう。

買うと貧乏になるもの10選・9 車

車を所有する人は多いですが、首都圏住まいなら車を持たない生活は可能です。車は想像以上にお金を使います。

車両本体が結構な値段ですし、メンテナンス、維持費に多大なおかねがかかります。思い切って車を手放すと多くのお金が浮くことに驚きます。

車検や修理、ガソリンつめ、洗車、清掃もいらないので精神的に楽になります。代替え法としては必要な時にカーシェア、レンタカー、タクシー利用です。

※例外は地方暮らし、乳幼児、高齢者がいる、仕事で必要など事情があり必要なケースです。

買うと貧乏になるもの10選・10 家

「持ち家」か「賃貸か」

についての議論はつきません。目安として何を重視するかが大事です。家があるという安心感なのか、自分のものだから自由に使えるという気持ちなのか、いつでも引っ越せるという身軽さなのか、リセールバリューを意識したことなのか、様々です。

あくまで基本的な目安ですが、一気に大金を投じてしまう持ち家よりも、小額ずつ支出する賃貸のほうが時代にあっているという見方もできます。

実際に住宅ローンの負担は少なくありません。

一方で賃貸は、分譲前提の物件よりも設備が劣るなどのデメリットがありますし、近隣住民との付き合いがラフで気軽な賃貸のメリットなど様々です。

個別では実際に住んでみると違うこともあるし、こればっかりは何とも言えません。ただ傾向としては、現代は一気に若い時に大金を失わない賃貸のほうが合っているという見方ができます。

日本は災害が多い国ですから持ち家の場合、ダメージを受けます。賃貸は引っ越すだけでダメージはオーナーが負います。

ただ、都会より地方の持ち家信仰は根強く、意外と価格も安くありません。

まず地方だろうと都会だろうと、建物や外構工事などの設備に係る分は変わりありません。むしろ寒冷地の場合は、地方のほうが寒冷地仕様が必要なため、より高額になります。

転勤の予定がないのであれば持ち家のほうが安くすむことがあるし、地方では持ち家に住まないと、一定の年齢層以上のファミリーは、かえって目立って暮らしにくいことがあります。車の所有も同じです。

※家の判断は臨機応変に、自分が重視したいことを優先しよう。

まとめ

さいごに

今回は「買うと貧乏になるもの(10選)を知って、貯められ体質に変わる」という話をしました。参考になればさいわいです。