簡単に暮らせ

ちゃくまのブログ。女性ミニマリスト。FP。合理的な家事、家計管理、少ない服で暮らす、お金、節約、捨て作業のコツ。好きな事をして生きる。

50代女性の春夏服事情・ボトム、靴は固定。トップスはシルエットを限定して迷いを減らす。



当ブログ「簡単に暮らせ」に訪問いただき、ありがとうございます。

こんにちは ちゃくまです。このブログは暮らしに関することをつづっています。

・ミニマリスト的な暮らし方 ・家事を簡単にする工夫 ・お金に関する管理方法(筆者はファイナンシャルプランナーです) ・世間に惑わされない生き方 ・・など。お役に立てたらうれしいです。

はじめに

今回は、50代女性の服事情についてのお話です。

1・固定できるアイテムを決める

女性の服のアイテムは、男性と比べて種類が多すぎます。その点、男性の服はアイテムやシルエットが限られています。

そのため、迷う範囲が狭いといえます。そこでその原理を女性に活かせば良いというわけです。

固定できるアイテムを決めれば良く、ほかのアイテムで変をつけるだけです。

私の場合、ほぼ固定しているのは

  • ボトム

です。

靴はオールシーズン固定です。2足の靴を交互に履いています。素材はゴアテックスで雨の日もOKです。ウォーキングシューズですが、ギリギリフォーマルな場でも履ける靴です。

ボトムは真夏を除き、ユニクロのレギンスパンツを履いています。カラーや素材は変えますが、レギンスパンツのフルレングス固定です。

靴、ボトムが固定されていると、下半身のシルエットが固定されます。結果として上半身やアウターのシルエットも限定されます。

そのため、コーディネイトは限定されますが、その分迷いやアイテムの選択肢が決まるというわけです。

2・トップスは長そでのみ

トップスは、オールシーズン長そでオンリーです。半袖やノースリーブは下着だけです。真夏はギリギリ七分袖まではOKです。

「夏は暑くないのか?」

と思われるかもしれませんが、暑い日差しの下では、長そでを着ているほうが直射日光を避けられるので、かえって涼しいことがあります。

外が暑ければ当然、冷房が効いています。この場合、半そでやノースリーブは冷えます。

このようにしていくと、長そでオンリーになります。男性で長袖しか着ない人は大勢います。要はそんなものなので、夏でも長袖でOKなのです。

半袖を着ないことで、さらに服のアイテムは絞られます。

3・首、デコルテは極力出さない

首、デコルテは極力出しません。長袖事情同様に

「夏は暑くないのか?」

と思われるかもしれませんが、

長袖事情と理由と原理は同じです。特に首とデコルテは年齢が出やすい部位です。日焼け止めクリームは汗で流れます。日焼け止めクリームを塗りたくないという理由もあります。

結局のところ、紫外線は服でガードするのが一番です。真夏はさすがにハイネックは熱いので、バンドカラーや首がなるべくおおわれているデザインを選んでいます。

4・日傘ではなく、帽子をかぶる

日よけ対策に日傘を持つ人が多数です。確かに真夏は日傘のほうが帽子より日差しを覆うことができます。

また、ヘアスタイルが崩れない、頭が暑くならないなどのメリットがあります。

ただ、私は身体的事情で、帽子をメインにかぶっています。日傘は片手がふさがります。その時に姿勢の左右差のバランスが崩れやすくなります。

5・冷房対策は薄手ウールニットカーデで

冷房対策は真夏前は薄手のウールニットカーディガンを使用しています。

「夏にウール?」

と思うかもしれませんが、おおいにアリなのです。ウールは吸湿性に富み、暑いときは涼しく、寒いときは保温性がある便利なアイテムです。

特に、春から夏の冷房が効いた電車で寒いときに、ウールカーディガンに助けられました。


 

まとめ

さいごに

今回は「50代女性の春夏服事情・ボトム、靴は固定。トップスはシルエットを限定して迷いを減らす。」という話をしました。

女性の服はアイテムが多様で、何を着たらいいか迷いがちです。そこで私は特定のアイテムを固定することで、迷いや選択肢を減らす工夫をしています。

参考になればさいわいです。