簡単に暮らせ

ちゃくまのブログ。女性ミニマリスト。FP。合理的な家事、家計管理、少ない服で暮らす、お金、節約、捨て作業のコツ。好きな事をして生きる。

手放すだけ。節約効果が大きく、貯金が爆速増えるもの。



当ブログ「簡単に暮らせ」に訪問いただき、ありがとうございます。

こんにちは ちゃくまです。このブログは暮らしに関することをつづっています。

・ミニマリスト的な暮らし方 ・家事を簡単にする工夫 ・お金に関する管理方法(筆者はファイナンシャルプランナーです) ・世間に惑わされない生き方 ・・など。お役に立てたらうれしいです。

はじめに

なんでも値上げしている今、節約しても効果がいまいちですよね。でも効果が絶大なものがあります。それはあるものを手放すことで得られます。

手放すだけで節約効果が高いもの

手放すと効果が絶大なのは「くるま」です。

現在、車を所有している場合は「車がないと生活できない。」という場合も当然あるでしょう。この場合は無理をしないでください。

けれども仮に、車を手放す余地がありそうならば、一度検討することをおすすめします。

車2台→車1台→車ゼロ台に

 

我が家は当初、車2台ありました。夫婦それぞれ普通自動車を持っていました。私が結婚前に普通自動車を乗っていて、そのまま結婚した感じです。

ところが私の車を軽自動車に買い替えたくても、結局支出は変わらないので、手放すまで普通自動車を乗り続けました。

結果として、ガソリン、税金、車検すべてが割高です。

そこでまずは、引っ越し①を機に、車を一台に減らしました。以前は夫も車通勤でしたが、転勤①で電車通勤になったからです。

次に引っ越し②を機に車をゼロにしました。転勤②で、さらに便利な場所(現在)に越したからです。同時にそのころ子供がもうすぐ中学生でしたので、病院に連れていく頻度が減りました。だから車を思い切って手放しました。

車がない不安について

当初、車がゼロになる不安はもちろんありました。本当に大丈夫だろうか?子供を病院に連れて行くときは?

けれどもぐったり熱を出して病院に連れて行くようなことは幸い、もうなくなりました。

買い物は通販とネットスーパーをフル活用するようになりました。

もし、どうしても無理なら改めて車を買いなおせばいいだけです。まずは手放してみようと踏み切りました。

車の代わりに買ったもの

当時、車を手放したので代わりに買ったものがあります。それは自転車です。自転車購入費用は必要ですが、購入費用だけで維持費はゼロです。(現在は、さらに利便性のいい場所に越したので自転車すら手放しました。&私が健康上、乗れなくなった。)

それ以外は電車、バスを活用しました。

車を持っていたころ、ホームセンターに行くのが好きでしたが、行っても持ちかえられないので余計なものをぱったり買わなくなりました。

車を手放し歩く楽しさを知る

車を手放したので歩く楽しさを覚えました。歩くことが習慣になると、歩くことが苦になりません。

一方で地方暮らし&車生活だったころは、ゴミ出しにも車を使うなど、100メートルすらあるきませんでした。

そして休日は車で大型ショッピングセンターに行き、食事、買い物で時間をつぶす生活でした。当然その頃は、無駄なものが増えてお金も無駄に出ていきました。

ところが現在は、かつての生活とは反対の暮らし方をしています。

車両関係費+無駄な買い物が減る

車を手放すと車両関係費がなくなるだけではありません。車があることで増える無駄遣いが消えます。

いずれにしても節約効果が絶大です。節約効果が大きいということは、貯金も車を持っていた時とは比較にならないスピードで貯まりやすくなります。

さいごに

今回は、車を手放すことで様々な車両関係費が浮き、結果として節約効果が大きく、貯金が貯まりやすくなるという話をしました。

また車を持たなければ、事故のアクシデントが減ります。

これまで車を当たり前のように持っていた場合、車は必需品だという考えから抜けにくいかもしれません。

でも、だからこそ効果が大きいのです。

今回の話が参考になればうれしいです。